エニイのブログ

ホームページのスマートフォン対応を考える

2018年7月23日 Webマーケティング

こんにちは飯塚です。

今日の主題は、
ホームページのスマートフォン対応をお考えの方向けに。

先日パートナーさんと
スマホやタブレットPCの利用動向についての話題になりました。
「スマホ閲覧を考えていくべき?」と。

Googleでの全体検索数は、2015年夏あたりに
既にスマートフォンがPCを抜いていました。

現状では、BtoC・・・特にメインユーザーが
30代以下の女性の場合、
サイトによっては95%の方がスマホ閲覧という
アクセス解析の結果が得られています。

飲食店、服飾、ネットショップ等の方、
アクセス解析でご確認いただくと良いと思います。

こうなるとスマホ対応は完全に無視できないです。
PC対応だけですと、機会損失が大き過ぎてしまいます。
早急な対応が必要です。

BtoBの場合は、なんとなく落ち着いてきた感じがあります。
スマホ閲覧がだいたい60%くらいでしょうか。
ただ「採用情報」を積極的に対応する場合は
スマートフォン閲覧者の方が圧倒的に多くなります。

ただ、アクセス解析を見ていると
このところ気になる傾向がありまして
「タブレットPC」での閲覧が増えてきているように見えます。
Web広告では、スマホよりも効率よい数値が
得られている場合もあります。
数はまだ圧倒的にスマホですけれども。。。

私もノートPCからタブレットがメインになってきていますが、
また利用傾向が変わりつつあるのではないでしょうか。
このあたりはもう少し追いかける必要がありますが、
サイトによっては「タブレットPC」が無視できない
場合も出てくると思います。

制作側はどうかと申しますと、
レスポンシブ対応は、通常の作成だけでなく
Bootstrapのようなフレームワークや
Wordpress、オンラインWebサービスなどと多彩になってきましたので、
用途に合わせての対応ができつつあります。

そろそろ、ユーザー利用を把握して
対応いただくのがよいかと思います。

今日はこのへんで。