名寄せ|データ整備ソリューション|ダイレクトマーケティングのANY - 株式会社エニイ

株式会社エニイTOP > サービス一覧 > 名寄せ

名寄せとは

高セキュリティ環境で都内対応

名寄せとは、従来は金融機関における複数口座を持つ顧客の一元管理のことを指していましたが、 近年は広く顧客データの品質向上・最適化のため、ひいてはビッグデータへの活用を視野においたデータ統合・一元化にまで意味が広がっています。
エニイでは新旧データの統合やシステム変更、複数のエントリーから生じた 顧客情報の重複を長年蓄積してきたノウハウによって高精度に抽出します。

多彩な組み合わせでのグルーピング

表計算ソフトでなどでソートをかけただけでは判明しずらい重複を、 弊社製品「Name-Catch(重複検出プログラム)」 「Address-Catch(住所整備プログラム)」を駆使し、 同一人物や同一法人の可能性が高いものを検出して行きます。

名寄せ結果イメージ

重複データを検出させるためには、対象データを同じ土台に乗せないと比較できません。 そのために氏名の表記統一(異体字・カナ表記・商号などの差異を調整)、住所データのコード化など、 事前整備(データクレンジング)をしておく必要があります。

その後どのようにデータを統合(名寄せ)するかはデータの使用目的によって様々ですが、 まずは上記のような整備をした上でデータ検出をする必要があります。 エニイではこうした段階からのデータ運用のご相談を承ります。

セキュリティ体制

プライバシーマーク認証基準に承認された管理体制によって、情報漏洩、情報紛失、納期遅延の発生しない対策を施しております。

顧客情報は外部接続が一切不可能なネットワーク上にて処理を行い、受渡しのたびごとに厳重なチェックを行い保管庫に保管致します。 コピー防止のため原票の取扱者を特定者に限定するなど万全なセキュリティ対策を講じておりますので安心してご依頼下さい。

価格・納期について

正式な価格・納期は、ご依頼内容により異なります。
お見積依頼・ご質問・ご相談など、下記お問合せ窓口までお気軽にご連絡下さい。

SSL対応お問合せフォーム

お問合せ窓口
お問合せ窓口
お問合せ窓口